CADの知識の泉

CADの知識の泉

その他のCAD関連情報

CAMとは

CADとあわせて登場することの多い、「CAM」とよばれる設計方法およびその方法を用いたシステムに関して、解説しています。 CAM自体は、用語の解説ページでも簡単に取り上げているとおり、「コンピュータ支援製造」を意味するもので、CADで作成された形状データを入力として、加工用のNC(数値制御)プログラム作成等の生産全般に関わる準備作業を、コンピュータ上で行うためのシステムです。

このCAMから出力されたデータは、CNC(コンピュータ数値制御)化された工作機械に送られ、実際の加工処理が行われる流れとなります。 CADに2次元および3次元のものがあるのと同様に、CAMもCADが使用するタイプに応じた加工形状を扱います。

まず「2D CAM」とよばれる、平面的なポケット加工・輪郭加工および穴あけ加工のための、2軸同時移動のデータを出力するものがあります。 つぎに「2.5D CAM」とよばれる、平面の2Dに加え、断面の情報を追加した2Dと3Dの中間のようなデータを出力するものがあります。

さいごに「3D CAM」とよばれる、自由曲線を含む加工のための、2軸同時から3軸以上の、同時移動データを出力するものがあります。 これらは、いずれもCADからの出力データに基づくため、CADの種類に応じてCAMもそれぞれ要件に合うものが自ずと導き出されるなって入るようです。

CAMに関しては、多くのソリッドCADシステムにてオプションで包含されていることが多いようですが、CAM部分に重点を置いて開発されているシステムも多々あるようです。また、CAM単体でのソフトウェアも存在しており、単体の場合は大半が全自動で、データコンバートが前提条件になるため、ポリゴン変換を行いパス計算などに利用するものが多いようです。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved