CADの知識の泉

CADの知識の泉

建築分野のCADについて

BIMについて

ここでは、建築における工程に用いられるBIMという概念とCADの関連に関して解説しています。 BIMは、「Building Information Modeling」の略語で、3次元によるモデリング、建物の設計・工程・ライフサイクル全般にわたり活用する概念一般的にはさすようです。

IFC(Industry Foundation Classes)と呼ばれるデータモデルのファイル形式に対応しており、構造や設備・積算から施工・維持管理・意匠までのデータを包括することにより、建設業界のソフトウェア間のデータ共有化や相互運用を可能としていることが高く評価されているようです。

BIMには、形状や空間の関係性、地理的な情報や数量、建物の要素などの属性情報などをはじめとした詳細情報が含まれており、建築物のライフサイクル全体を表現する際にBIMは力を発揮できるとされています。

また形状に関してだけではなく、コスト・プロジェクトなどのマネジメント分野も絡んでいるため、製品開発の分野においては、プロダクトライフサイクルのマネジメントと組み合わせで捕らえられることも多いようです。

BIMを取り入れた具体的なソフトウェアとしては、ベントレー社が開発した「Bentley Architecture」・オートデスク社が取り扱っている「Revit」のシリーズ製品・グラフィソフト社が取り扱っている「ArchiCAD」、このサイトでも個別に取り上げているNemetschek Vectorworks社が取り扱っている「Vectorworks」などが代表的なものとして挙げられているようです。日本の建築法を考慮したものでは、「GLOOBE」などの福井コンピュータ社製品があり、法令遵守の観点から考えた場合は、GLOOBEの価値が高いと考えられているようです。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved