CADの知識の泉

CADの知識の泉

建築分野のCADについて

住宅専用CADについて

ここでは建築用CADの中でも、住宅設計専用のCADについて紹介しています。 このCADは、日本国内の住宅や、低層の建物に特化したものが多く、市販されているメーカー建材の価格・仕様などに関するデータをモデル内に取り込み、製図・構造計算・積算等を行う製品が一般的とされています。

多くは、事前に各部屋に関する仕様・高さ・幅などをデータとして登録し、2次元の詳細図や断面図などがパッケージ化された建具や部品データと3次元のモデルを用いて、画面上の擬似的な方眼紙上に配置することで、3次元のモデリングが完成する仕組みになっているそうです。

前提として行う部屋情報などの仕様をデータとして保存した後の配置作業などは、比較的直感的な作業でもあるため、しばしば一軒家などを購入する際に一般消費者が住宅専用のCADを購入し、住宅設計をある程度まで行う方も少なくないようです。

住宅専用のCADは、不完全な製品も数多くあるようで、モデリング化したものを一度立面図などに図面化してしまうと、立面図上などで再編集しても3次元のモデルには反映しないなどの仕様的に未熟なものも多いようですが、近年登場したものにはこれらの問題を解消し、2次元データと3次元データの相互連動を実現した、「ARCHITREND Z」や、「SuperSoftⅡ」などがあり、今後は問題が解消されているものが多く登場し、最終的には2次元と3次元のデータが相互連動していることは、住宅専用CADには必須条件となる可能性は十分にあるといえるでしょう。

戸建て設計を個人で予定している方は、全てを建築業者にまかせっきりにするのではなく、個人で住宅専用のCADを入手して、完成後の外観だけではなく細部にわたっての住んでからのシミュレーションなども行ってみてはいかがでしょうか。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved