CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について

ここでは、CADの起源やこれまでの歴史に関して紹介しています。 CADの原点とされているのは、1963年にサザーランドというアメリカの方が発表した論文であると一般的には広く伝わっています。

当時発表されたシステムが対話型システムの存在が世に出るきっかけとなったとも言われています。もちろん現在と比べて演算などの性能も遥かに低いもので、開発コストも手探りでおこなっていることが多かったためか非常にかかってしまっていたため、当時のシステムは1台数千万円と高額なもので、しかも非常に巨大なものだったそうです。

ただ、その根底にある概念やその将来性は当時の人々にとっては非常に価値が高く、発表されたシステムの改良に多額の資金を費やし、小型化や性能の向上などに踏み切る企業が多数存在したようです。 その後、ハードウェア開発における技術が高まり、ハードウェアの性能が上がり、更には1990年代以降に登場したWindows-NT系の登場により、二次元(平面)での設計のみが主流だったCADは、三次元(立体)での設計が可能となりました。

現在では、2次元のCADを専用CADと汎用CADの2種類に大きく分類しており、専用CADは特定の用途に特化した機能を備えているおので、汎用CADはいわゆるオールマイティのものをさします。3次元は、性能に応じて「ハイエンド」・「ミッドレンジ」・「ローエンド」などに分類されており、いずれも高性能ではありますが、なかでもハイエンドに関しては飛びぬけて高性能であるため、複雑な設計を要する自動車や飛行機などの製造過程において多大な功績を残しているそうです。

このように、CADは日々進歩を続けており、身の回りにあるものをはじめとした製品の製造過程においては、これからもCADは活躍し続けていくでしょう。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved