CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの基礎知識

CADの用途・効果

ここではCADの用途や効果について解説しています。 CADは、コンピュータを用いた設計方法であり、CADと呼ぶ際の多くはその設計方法を具象化したシステムを指しています。

多くのCADは基本的に図面作成や製図作業に関して、正確に作業が出来る・編集が容易である・CADソフトウェア間に互換性があるなど、共通的な概念に基づいて製作されています。 CADを大きくわけると、「汎用型」と「専用型」と呼ばれる2種にわけられ、専用型はある分野に特化させるために省力化などが図られていて、汎用型は図面の作成に関する全般的な機能を持っていますが、積算(一般的には、数値を連続して加えていくことをさします)に関しては単独で行えないとされています。

前述したとおり、CADは図面作成や製図作業における人間系での作業工程をコンピュータに行わせることにより、作業能率や精度向上には欠かせない存在になっています。具体的にCADを用いることで得られた成果としては、「設計したデータを記録媒体に出力し細部における正確な描画が可能となる」・「ヒューマンエラーにより多発していたケアレスミスの防止が容易になる」・「手計算などのルーチンワークのシステム化による効率化」などが上げられています。

このように、初期コストはかかるにせよ、継続して繰り返し行う作業に対する品質及びコストには十分な結果を出せているのがお分かりいただけたかと思います。

尚、CADで作成されたデータなどを有効活用するための技術として、CAM・CAT・CAEなどの技術が開発されたことにより、CADによって作業を行うメリットはより高くなったとされています。このサイトでもCAM・CAEに関して、解説ページを設けていますので、是非参考にしてみてください。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved