CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット

ここでは、CADのファイル保存形式について解説しています。 CADのファイル保存形式は非常に多くの種類があり、代表的なものには、「DWF」・「DXF」・「DWG」・「JWC」・「JWW」・「IGES」・「SIMA」・「STEP」・「SXF」などが挙げられます。大半のファイル保存形式は、ソフトウェアに依存したファイル形式のものです。

たとえば「DXF」ですが、これは「Drawing Exchange Format」の略語で、現在ではもっとも有名であるといっても過言ではないほどのシェアを誇るAutoCADというソフトウェアを開発した、オートデスク社という米国企業が開発したファイルフォーマットの形式です。 「DXF」に関して言えば、開発当初はAutoCADのバージョンアップなどが行われても、互換性を持たせられるようにすることを一番の目的にして作成されたものとされています。

DXFは内部構造が公開されているため、AutoCADのみにとどまらず、さまざまなCADのソフトウェアで使用されるようになったため、AutoCAD以外のソフトウェアとのデータに互換性を持たせることへの第一歩になったとも言われています。 「DWG」というフォーマットも、オートデスク社が開発したファイル形式で、AutoCADの標準ファイル形式とされており、このファイル形式をサポートする他社のCAD製品も多く存在しているようです。

「IGES」は、異なるCADソフトウェア間でデータを交換する際の共通的な概念に基づいて設計された中間ファイルで、「ANSI」と呼ばれる標準化機構により策定されたファイル形式で、自動車産業を中心とした多くの分野で標準的に使用されているようです。各CADソフトウェアが扱うファイル形式の最終的な形態にする前段階として、基本的にIGESの中間ファイルが作成され、中間ファイルを基に個々のアプリケーションに依存したファイルが作成されるようなイメージになります。

「STEP」というファイル形式は、国際標準化機構(ISO)により標準規格として存在しているものです。中間ファイルではないですが、異なるCADソフト間でも互換性が持たせられるとされており、徐々に普及が進んでいるようです。 ここでは一部の代表的なファイル形式を抜粋して紹介しましたが、前述したとおりほかにも非常に多くのファイル形式が存在しています。興味のある方は、「拡張子」などのキーワードを基に深く探求してみてはいかがでしょうか。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved