CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの主なソフト

SolidWorks

ここでは、機械設計用に開発された、CADソフトウェアの「SolidWorks」について紹介しています。 「SolidWorks」は前述したように、機械設計を主な用途として開発された、3次元CADソフトウェアです。

このソフトウェアは、ソフトウェアと同名の「SolidWorks社」により開発されており、同社の製品ポリシーは「使いやすい」・「安価で利用可能」といったような、導入に当たってのユーザへの受け入れやすさなどに重点を置いた製品開発のポリシーを掲げているそうです。CATIAを開発したダッソー・システムズにより1990年代後半に買収されていますが、その製品開発に対するポリシーは変わらず持ち続けているそうです。

なお、買収したダッソー・システムズ側による製品の統合整理などは行われなかったため、製品としての独立性は保たれているようですが、近年登場したバージョンのCATIAとSolidWorksの機能は類似している部分が多いことなどにより、双方でのデータ互換性なども高いようで、相乗効果が得られているという見方もあるようです。

SolidWorksは開発当初、モデリング機能のみに特化したソフトウェアとして開発されていましたが、ユーザ数の増加や利用範囲の拡大、各ユーザからの意見などを基に必要な機能を追加していた結果、現在ではSolidWorksの様々な各分野にむけて拡張した機能を統合した、SolidWorks統合版のソフトウェアなども出るほど、数多くの機能が備えられたシリーズ製品となっているようです。なお、CAMなどの特定分野にのみ特化した機能などは、自社開発せずに、サードバーティ企業がプラグインの格好でサードベンダが提供するような流れになっているのが現状のようです。

操作性などが良いためか、デザイン用とで利用しているユーザも数多く存在しているようですが、本質は冒頭で説明したとおり、機械設計用CADであるため、複雑なコンポーネントよりは、コンシューマ商品などの「少量且つ多品種」のような、バリエーションが多いことが問題点になりやすいメーカや、サプライヤーの運用に適していると考える意見が多いようです。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved