CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの主なソフト

鍋CAD

ここでは、機械系分野に特化しているといわれているCADアプリケーションソフトウェアの「鍋CAD」について紹介しています。

鍋CADは、鍋テックという日本の企業が公開している無償のソフトウェアです。このソフトウェアはあえて複雑な操作などを排除し、他のCADソフトウェアのように入門書などを購入する必要性が低く、ヘルプなどを参照するだけでも概ね直感的に操作が可能なソフトのようです。そのため、導入後実務を行うまでにかかるイニシャルコストが非常に大きなメリットであると捕らえている企業も多いようです。

このソフトウェアの魅力は、前述したとおり導入費用がかからないことや、実際に操作を行うにあたって必要となる技術の習得が容易であること、その他機械系分野の企業の方からは機械系に特化しているため、作図に必要となる最低限の操作ボタンなどがカスタマイズなしで標準仕様として用意されているため、設定などに困らないなど、機械系分野の方が方からは非常に重宝されているようです。

さらにある程度ソフトに対する知識がついた上級者向けの方用に、スクリプトと呼ばれるプログラムの動作制御に関わる部分のカスタマイズが可能な機能も提供されているようですので、ニーズに合わせて拡張することも可能なようです。

また、他のCADソフトウェアとのデータのやり取りを行える、DXFファイルも扱えるようになっているので、このソフトでざっくり作成して、別の高額なメインソフトウェアと使い分けて作業をしている方も多いようです。 なお、鍋CADはフリーソフトウェアだけではなく、機能を追加したシェアソフトウェアも存在しているようです。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved