CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの主な種類

建築用

ここでは、建築業界で利用されているCADについて紹介しています。 建築分野においては、建物などの建築物の立体構造を、平面・立面・断面・透視図などのさまざまな表現方法により図面化する際にCADは利用されています。建築物はこれらのCADによって作成されたさまざまな形態の図面にもとづいて施工されています。

このように技術者の専門領域に応じて構造や設備・意匠性に特化したものなどのさまざま図面がつくられる過程で用いられるソフトウェアを総称して、建築CADと呼ぶようです。 図面そのものは設計段階での成果物となります。

建築CADはそれらの図面を作成するだけの単純なものもあれば、それらの図面や付加情報にもとづき、例えば耐震の専門的分野における検討作業を行えるものや、さらにはシミュレーション機能などを備えた高度なものがあるそうです。

日本の建築分野で広く利用されているCADの種類としては、Jw_cadやVectorWorks、AutoCAD、DRA-CADなどが挙げられており、2次元CADの代表としてJw_cad、それ以外は3次元におけるモデリングを行う際に利用するための機能がそれぞれ備えられているそうです。尚、Jw_cadは、DOS版とWindows版の2種があり、DOS版はWindowsが広く普及した現在でもコアユーザが多いとされています。

建築分野におけるCADの利用率は非常に高いことや、近年においては3次元CADの普及率が高いことから、さらに建築分野向けのCADシステムの高性能化は進むといっても過言ではないでしょう。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved