CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの主な種類

電気用

ここでは電気回路などの設計を行う際に用いる、電気用CADについて紹介しています。 電気用CADは、大きく2つに分けられることが多く、「回路図設計用」と「レイアウト用」の2種があるようです。どちらも基本的には2次元CADができています。

回路図設計用は、電機や電子回路・論理回路などの「接続情報」を表現するために利用するもので、通常CADにおいて重要となる「寸法」が重視しない仕様となっているため、しばしばCADの範疇から外れていると認識されることも多く、寸法を重視するレイアウト用と一体型のものも多いようです。

レイアウト用には、「フォトマスク用」と呼ばれるものと、「プリント基板用」という2種に更に分類されており、基板や複数主の配線を表現するためのデータ層を扱うようになっているようです。また、小さなブロックの組み合わせを行い、より大きなブロックをくみ上げていくような階層設計が可能となっているようです。

電気に関する設計を行うCADシステムに関しては、国内産では「図研(プリント基板)」や、「ジーダット(フォトマスク)」などがなかでもシェアが高いようです。

世界的には、「ケイデンス・デザイン・システムズ」、「メンター・グラフィックス」などのアメリカの企業が高いシェア率を誇っているようですが、前述したとおり国内産の図研などは、プリント基板を得意とした電気系CADのベンダーも多くありますので、電気系CADを新たに導入する際には、シェアの高さだけではなくその後の保守などを考慮し、国内にも目を向けてみることもお勧めいたします。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved