CADの知識の泉

CADの知識の泉

CADの主な種類

半導体分野用

ここでは半導体分野にて利用されているCADについて解説しています。 半導体の回路設計の分野では、形状設計だけにはとどまらないことが多く、CADではなく、EDAと呼ばれることが多いようですので、ここではEDAについて解説します。

EDAは、「Electronic Design Automation」の略語で、電子機器・半導体を含む電気系の設計作業を自動化するために用いられるソフトウェアやハードウェアまたは、それらを利用した設計・製造工程全般をさすようです。

一般的には、半導体の設計や製造工程および、それを部品として実装されるプリント基板の設計を自動化する際をさす場合に用いられているようです。EDAは、CADやCADなどを用いて発展させているため、包含するような格好の意味合いで用いられています。EDAは、前述したとおり手法そのものをさす場合が多く、自動化を担っているシステムそのものの呼称は、「EDAツール」、EDAツールの開発や販売業者は「EDAベンダー」と呼ぶようです。

EDAのベンダーとしては、ベンチャー企業が新しいツールを開発する状況が続いてはいるようですが、米3社の「ケイデンス・デザイン・システムズ」・「シノプシス」・「メンター・グラフィックス」が広いシェアを誇っており、ベンチャー企業の一部はシェア率の高い上記3社に買収されていったことも多くあったそうです。

余談になりますが、かつては、「EDA」ではなく「E」のつかない「DA(Design Automation)」と読んでいた時期もあり、電化による自動化ではなく、デザインの自動化という抽象表現だった時期もあるそうです。半導体分野で作業をされる際などでEDAという単語が出てきた際は、これらの基本的な情報を思い出していただければと思います。

CADの基礎知識

CADの誕生・歴史について
CADの基本的な仕組み
CADに関する用語

CADの主な種類

機械用
建築用
電気用
土木用
半導体分野用
服飾デザイン用
その他の種類

建築分野のCADについて

BIM
建築設備用CAD
住宅専用CAD

CADの主なソフト

AutoCAD/AutoCAD LT
CATIA
I-DEAS
IronCAD
Jw_cad
Pro/ENGINEER
Solid Edge
SolidWorks
VectorWorks
鍋CAD

CADの問題点・CADのこれから

CADが使用する主なファイルフォーマット
現在のCADに関するお仕事
互換性

その他のCAD関連情報

CAEとは
CAMとは
Drawソフトとは
検定・資格
Copyright (C) CADの知識の泉 All Rights Reserved